こころ&からだ

身体のエネルギーサイクルを知り、身体のエネルギー効率を最大化する方法

身体のエネルギーサイクルを知る
こんにちは!ひとみです。
→ひとみの詳しいプロフィール

あなたは1日何食食べていますか?
身体には時間帯によってどこに重点的にエネルギーを使うのかが決まっています。

そのサイクルを知り、身体の排泄機能を高めることが脳力を高め行動に必要なエネルギーも最大化することができます。

このルールを知って食べるだけで、あなたの身体は最適化されるでしょう!

さらに特にダイエットなどしなくても、常にスリムで健康な身体を手に入れらます。

 

食べ方には原則がある

身体には24時間周期のリズムがあります。
1日のうちで機能が活発になる時間帯が「補給」「同化」「排泄」と決まっています。

エネルギー溢れる身体をつくるにはこの機能がうまく働いているかどうかがポイントです。

悪魔くん
悪魔くん
夜中のラーメンが格別なんだけどなー!それはダメなのか?
天使ちゃん
天使ちゃん
たまにどうしても遅くなった時には仕方ないかもしれないけど、日常化すると身体の機能を効率よく使えなくなっちゃうよ!

特にアトピーや、病気を持っている人はこの原則を取り入れることで身体を修復するためのエネルギーを増やすことができます。

 

 

健康はエネルギー「補給」「同化」「排泄」

  • 正午〜午後8時:補給(摂取と消化)食べることと食べたものの分解
  • 午後8時〜午前4時:同化(吸収と利用)身体への同化
  • 午前4時〜正午:排泄(体内の老廃物と食物のカス排出)
天使ちゃん
天使ちゃん
よく晩御飯は夜8時までに食べましょうと、ダイエット番組やら本では言われてるけど、それは身体のサイクルを考えてのことだったのね。
悪魔くん
悪魔くん
夜中にたくさん食べた時、朝起きるとなんか胃が重たいもんな。

 

中でも排泄のサイクルを妨げないようにすることが大切。
健康栄養学のバイブル「フィットフォーライフ」には、

消化に要するエネルギーは、水泳以上の重労働と心得よ

とある。

朝の排泄のエネルギーが必要な時間帯に固形物は食べないようにする。
食べるとすれば、スロージューサーで絞った野菜ジュースか果物だけにすると良い。

ひとみ
ひとみ
私はひどくなったアトピーを治すために、このサイクルを採用して良くなりました。まだ時々リズムが崩れて悪化しかけることもあるけど、随分コントロールできるようになったかな。

 

 

まずは体感してみる

アトピーだったので、自分の体が治るかもしれないことはいろいろと試してきました。

このフィットフォーライフを読んだ時には「なるほどね!」って感じました。

なので、この頃から朝は固形物を取ることを止めました。

 

アトピー

初めはお腹が空いた感じもしましたけど、そのうち慣れて逆に朝ごはんを食べると身体が重く行動力が鈍る感覚も体感しました。

それ以降朝ごはんは食べない習慣ができあがり、今は1日1食をめざして調整中です。

年とともに、酵素の量が減るので消化にエネルギーを奪われると回復にエネルギーが回りません、なので疲れが溜まりやすく回復しにくくなるのです。

 

ましてや、私のようにアトピーがあれば尚更です。

ただでさえ修復にエネルギーが必要なのに、食べ過ぎがこの修復を遅らせます。

40過ぎたら1日2食で十分。
50過ぎれば1日1食でも十分だと思っています。

3食食べることが習慣になっていると、変化するのに時間はかかるかもしれません。

なぜなら人間は変ることは恐怖だとDNAに刻み込まれているからです。

ホメオスタシス(恒常性)ともいいますね。

 

まずは、今の1食あたりの量を減らしてみることから始めてみましょう。

無理をするとリバウンドしますからね。

 

まとめ

少食こそがパフォーマンスを上げる最大のポイント。

身体のパフォーマンスを最大限に活かせる食べ方を知ること。

食べ方のサイクルを実践し、あなたの内側からエネルギーが満ち溢れる体感を感じてみてください。