こころ&からだ

悪い習慣をやめるたった1つの方法

悪い習慣をやめる方法
こんにちは!ひとみです。
→ひとみの詳しいプロフィール

ダイエットしたいのについつい食べちゃう。
早起きしたいのに夜遅くまで起きてる。
やることやってしまいたいのに、いつの間にかネットサーフィンしてる。

などなど、止めたいのに止められないという経験は誰もが1度や2度はあるのではないでしょうか?

 

良い習慣がひとつできると悪い習慣も変わっていく

 

結論からいうと、たった1つの良い習慣をつくること。

なんだそりゃ?そんなことで本当にできるのか?
そうなの!1つの良い習慣を身につけるとがポジティブな行動への連鎖につながるの。

たった1つの習慣が身につくことで自信もついてきて、あなたの人生を豊かに導いてくれるようになります。

それはなぜかというと、脳自体の構造が変わることで行動パターンの書き換えもできて、自然に好ましい反応に変わるからなんだそうです。

 

 

習慣っていったいなんだろう?

広辞苑ではこのように書かれています。

同じ状況のもとで繰り返された行動が、状況に応じて安定化し、自動化されて遂行される場合をさしていう。日常の行動で、たとえば戸を開けるとか、箸{はし}を使うとか、着替えをするとか、定時的に反復するうちに、そのときの状況に適応して、行動が一定のテンポで自動的に経過するようになることである。

 

簡単に言うと、意識しなくても自動で行なっている行動のこと。
歯磨きなどそうですよね。

よし!右手でまずは歯ブラシ持って、歯磨き粉つけて、それを口に入れて・・・なんていちいち考えながらやらないもんね。
そうだな!そんなことしてたら疲れるわな。

 

そして習慣は、過去の言動や行動、思考などが積み重なってできたものです。
つまり、習慣が人生を決めているってことにもなりますね。

習慣化するには初めは意志力を使います。
なので、自分が嫌なことはなかなか続けることができません。

まずスイッチとなる習慣を1つだけ見つけて、それをコツコツと続けることにフォーカスしてみましょう。

 

私の場合

履けなくなったお気に入りのジーパン。

どうしても履きたくて(笑)

ダイエット

1週間の酵素ダイエットをすることを決めて実践。

そしたら、朝起きるのが苦手だったのに、すっきりと朝目覚める回数が増えていきました。

すっきりと起きられた日には、朝の間にブログの記事を書いたり、お掃除したり気持ちにも余裕が出てくるようになりました♫

自然に朝散歩行ってみようかなって気が起きたり。

海でアーシング。

公園でウォーキング。

動機はどんな動機でもオッケー!

積み重ねることで、ジーパンがなんとか止まるくらいになりました(笑)これを持続することの方が大切ですけどね。

なのでそうならざるを得ないように、自分でその環境に追い込んであげるのです。

自分一人で実践できない人は、同じ目的を持った仲間と一緒にやると続きやすいですよね。

 

一人でできない人のために、実践クラブ作るのもいいかもしれませんね。

入りたい人いるかなー???

あなたの理想の人生を創るための実践クラブ。

 

結論

早起きしなきゃって思いながら、いくら早起きを目指してもできなかった。

それが、お気に入りのジーパン履くぞ!

とそちらにフォーカスして、やると決めたことを淡々とやっていったところ早起きまでできちゃった♫

お気に入りのジーパンを履くために、食事を変えて1週間実践してみた結果です。

良い習慣を行う習慣をつけると、悪い習慣は勝手にやめられる。

ここから更に習慣化するために、更にやらなくちゃいけないような環境に追い込みました(笑)実況中継していきますのでお楽しみに♫

PS:実はダイエットしたいと思っている間は痩せにくいんですよね・・・
その秘密は「前提」です。