不運は男性(長男)に出やすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
図面鑑定

【山陰・鳥取・米子・皆生】風水本鑑定士 岩崎ひとみです。

 

今回ちょっとお話長くなるけど読んでみてね。

人生の中で、家族が2人も自殺未遂することって割とないよね?

更に、弟の嫁は31という若さでガンで亡くなった。

その弟は、某大手会社で働いていた。

移動をきっかけにウツになり、会社から出勤日に出て来ない弟になにかあったのでは?と実家に電話があって初めてウツで会社を休んでいたことを知ったんだよね。

 

会社のことと嫁さんのガンの看病とで、精神はボロボロ。

 

なんでうちは、次から次から問題が降ってくるんだ!

最終的には、みんな私がサポートする役目となる。(後に家族の中ではそういう役回りだということがわかるんだけどね。)

当初は、なんで私ばっかりって思いもあったよ。

 

そして極め付けは、息子に不運の鱗片(詳しくは書けないが。)が見えたことが風水をやる最大の動機となった。

 

この不運の連鎖どこから始まっていたか?

父親がまったく先祖供養をしていなかったことから始まっていたのだ。

それと、実家の玄関と寝ている場所がウツになるような場所だった。

 

もうね、家にこんだけ人生表れているんだってびっくりするよ。

お墓=陰宅風水

家=陽宅風水

どちらも欠かせない、両方やるから整うってこと。

 

この話は続くな・・・(笑)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*